ご予約の検索

メニュー
【大涌谷】もくもくとした白煙が立ち上る、地球の迫力を感じる絶景。


 

おおわくだに【大涌谷】

 
植物の見えない谷一面から立ち上る黙々とした白煙、ただよう硫化水素の臭い……。
その昔「地獄谷」と呼ばれていたのも納得の景色が拡がるのが、この大涌谷です。
 
約3,000年前に、箱根火山が最後に爆発した時にできた火口の跡で、迫力のある風景は箱根屈指の観光名所となっています。
特に、箱根ロープウェイの大涌谷駅から早雲山駅の間に乗車していると、眼下にその谷が広がり、息を呑むほどの景色です。
現在、火山活動の影響で遊歩道は立ち入り禁止になっていますが、ロープウェイの駅周辺からでも十分な迫力。
 
そして、大涌谷といえば外せないのが「黒たまご」! 温泉池でゆでることで、温泉の成分である鉄分や硫化水素が反応して、真っ黒な見た目のゆで卵になります。昔から、「1つ食べると7年寿命が延びる」と言われる大涌谷の名物。黒いのは殻だけで中身にはほとんど色は付いていませんが、旨み成分は普通の茹で卵より濃くなっているのだとか。「大涌谷黒たまご館」では温かい黒たまごが売られています。
 
黒たまご館に隣接する「箱根ジオミュージアム」には入場無料エリアもあり、箱根火山や周辺のジオパークについての展示があるので、ぜひ立ち寄ってみてください。
(2017年11月7日現在の情報です)
 
住所 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原1251-1(大涌谷駐車場)
電話 0460-84-5201(大涌谷インフォメーションセンター)
開放時間 9:00~17:00(時間外は閉鎖)
アクセス 箱根ロープウェイ「大涌谷」駅下車。
駐車場 普通車520円(駐車場営業は9:00〜16:00)


 
大涌谷 黒たまご館オブジェ