ご予約の検索

メニュー
箱根本箱がグッドデザイン賞ベスト100を受賞!


 
私たち自遊人が企画・運営を行う「箱根本箱」がグッドデザイン賞ベスト100を受賞しました。さらになんと!箱根本箱企画中に生まれた会員制書店というアイデアを実装した「文喫」もベスト100に。昨年まで審査委員をしていたので、ベスト100のハードルがいかに高いか知っています。それだけに感動、感激ひとしおです。
 
思い起こせば4年前、2015年に始まった日本出版販売と自遊人の共同プロジェクト。駅前書店が担っていた「知らなかった知識との出会い」の場を作りたい。そして本という形態を見直してもらいたい。そんな思いからスタートしたのですが、実現は容易ではありませんでした。
日販はご存知の通り書籍流通の会社。「なぜホテルを?」ということになり、ゴーサインが出るまで2年弱の検討期間がかかりました。
しかし本の未来を真剣に考える会社ですから、ゴーサインが出てからは、私たちも驚くほどのスピードで様々な事業にチャレンジしています。その一号店が「箱根本箱」なのですが、今回のダブル受賞はその「第一歩」を評価してもらったものと捉えています。
 
そして「箱根本箱」のもう一つの特徴は、ライブラリーではなく「すべての本が買える」書店であること。
私たち自遊人が日販に提案したのは、全ての本が買える「本当のブックホテル」。企画が始まった当初、日本にはまだライブラリーホテル(ブックホテル)も存在していませんでした。
気持ちがニュートラルな状態の旅先では、駅前書店よりもさらに「新しい世界の知識」と触れ合う機会が増えます。実際に箱根本箱での一人あたり書籍購入金額は一般書店の3倍! これは私たちの仮説を裏付けるものであり、とても嬉しいことです。
 
そしてさらに。2社の共同プロジェクト「箱根本箱」は、それぞれの会社で様々なプロジェクトへと発展していっています。日販が単独でスタートさせた「文喫」は最初の事例ですが、来年春には長野県松本市に「松本屋」が自遊人の資本で開業予定。文字通り松本の本屋さんですが、箱根本箱や文喫とはまた違う、仕掛けを考えています。
 
ちなみに私たち自遊人の運営ですから、食事も本気。夕食のコンセプトは「箱根周辺の自然と歴史を表現したローカルガストロノミー」。アンティカ・オステリア・デル・ポンテ ミラノ本店での修行経験もある佐々木祐治が料理を担当しています。
 
「まだ箱根本箱に行ったことがない」という方はぜひ箱根本箱にお越しください。皆様のお越しをお待ちしております!
 
箱根本箱クリエイティブディレクター
自遊人 代表取締役 岩佐十良
 
受賞を記念して(?)、「箱根本箱 開業ものがたり」を公開中です。
ぜひご覧下さい。(PDFダウンロードできます!)
http://hakonemag.com/information/1053
 
受賞概要・グッドデザイン賞ウエブサイト
https://www.g-mark.org/award/describe/49672