ご予約の検索

メニュー
Story:「本との出会い」のあり方を考える。


 
駅前にはふらっと気軽に立ち寄れる本屋があり、家の中には本棚がある。
それは私たちにとって、当たり前の日常の風景でした。

 
「本」はさまざまな情報を媒介し、時代を超えて伝える役割を担い、時に優しく、時に激しく社会を動かします。
私たちに知識と勇気と希望を与え、生活に潤いを与える非常に重要な役割を担ってきましたが、近年は、駅前の本屋が次々と姿を消し、家の中からも本棚が姿を消し、日常生活の中で本と接する機会は急激に減少していきました。書籍・雑誌の流通を担う日販、雑誌を発行する自遊人ともに、本を取り囲む環境のめまぐるしい変化には、大きな危機感を抱いています。
 
情報の入手手段が、光の速度で飛び交うインターネットやSNSに変わっていくこと。それを否定するつもりはありませんが、広く深い大海を漂うように「本」から情報を得ること、その機会を失うことは、「創造性の欠如」や「文化の継承の断絶」を招くことにつながるのではないだろうか? “本離れ”という単純な事象よりも、はるかに大きな別の“何か”に対して危機感を感じています。
 
そんな互いの思いに共感し合い、日本出版販売株式会社と株式会社自遊人にプロジェクトチームができたのが、2015年の夏。『箱根本箱』のプロジェクトがスタートしました。
 
本を通じて新しいライフスタイルを提案し、未来へと文化を紡ぐ「本との出会いの空間」を作ろう。
 
東京近郊にありながら、豊かな自然を有し、文化的な香り漂う箱根・強羅に誕生する『箱根本箱』。駅前の本屋のように気軽に本を手に取れる空間、本と生活が密着した心地よい空間で、「暮らす」ように滞在しながら、「本」を読む楽しさ、本と向き合う楽しさを存分に味わう。私たちの思いが詰まった「本箱」が、約3年の年月を経て、いよいよ2018年8月にオープンを迎えます。