ご予約の検索

メニュー
【箱根ガラスの森美術館】ヴェネチアン・グラスの専門美術館

はこね がらすのもりびじゅつかん【箱根ガラスの森美術館】

仙石原にある「箱根ガラスの森美術館」は、「ヴェネチアン・グラス」の専門美術館。

 

15世紀から18世紀に作られた希少な美術品や現代作家の作品、屋外アート、ミュージアムショップからレストランまで、美しいヴェネチアン・グラスにあふれています。

 

そもそも、ヴェネチアン・グラスとはなんでしょう。

 

ヴェネチアン・グラスの産地は、イタリアの北部にある水の都ヴェネチア。もともとイタリアでは古代ローマ帝国時代(紀元前1世紀〜5世紀)から吹きガラス技法という、当時画期的だった製法でのガラス作りが盛んでした。一度は衰退しつつも、中世には教会建築に使われたりと盛り上がりを見せます。1291年、ヴェネチアでは共和国政府の政策として『ガラス製造業者および工人・助手、家族等のすべてをムラノ島に集中的に移住させ、島外に脱出する者には死罪を課す』という厳しい管理・保護が始まりました。

 

ここから現在でも、ヴェネチアン・グラスはムラノ島を産地としています。

 

13世紀から17世紀にかけ、多くの技法やデザインが生み出され、イタリア・ルネサンスブームのおかげもありヴェネチアのガラス産業はヨーロッパ市場の90%を占めるほどの時代もあったのだとか!

 

園内の「ヴェネチアン・グラス美術館」では、このころにヨーロッパ貴族が夢中になって集めたというヴェネチアン・グラスを収蔵、約100点を展示しています。

 

19世紀には産業革命やヴェネチア共和国の解体などから衰退したヴェネチアン・グラスですが、美術館・博物館・資料館作りのブームに活路を見いだし、その技術力を生かした古い教会壁画の修復や、新たな取り組みなどをしつつ、近代化を遂げました。

 

別棟になる「現代ガラス美術館」では、2度目の復活をとげた現代ヴェネチアン・グラスのアート作品を展示。屋外にある「光の回廊・コッリドイヨ」もこうした作品のひとつです。

 

池に渡された橋の上を覆うのは、高さ約9m、全長約10mというアーチ。約16万粒のクリスタル・ガラスが使われているそうで、陽に当たって揺れるガラスの粒が陽を反射する美しい回廊です。実は風と日差しの角度の関係から、「輝きがいちばん美しいのは秋」なのだとか。また、冬の日暮れごろ、庭園のライトを反射する季節もまた違った美しさです。

 

回廊から見える池の中には「ヴェネチア市立ムラーノ・ガラス美術館」との姉妹提携記念として2点制作され、双方の美術館に1点ずつあるという「パラッツォ・ドゥカーレ・シャンデリア」が展示されています。

 

さらに屋外には季節ごとに、秋はクリスタルのススキ、冬はクリスタルのクリスマスツリーなどが登場します。2017年11月1日〜12月25日まで展示されるというこのツリーは必見。2013年には「一生に一度、必ず見ておきたい国内ツリーランキング」で2位に選ばれたのだとか。

 

15万粒のガラスを使ったツリーの前にはステージが作られ、絶好の撮影スポットに。12月22日から25日の4日間は、通常17:30までの開園時間を2時間園長した「クリスマススペシャルナイト」が開催され、例年、「箱根のクリスマス」を盛り上げています。

 

 

ミュージアムショップや体験工房も充実

 

年間約50万人の来客の50%がリピーターという箱根の森ガラス美術館。魅力は展示だけではありません。

 

現代ガラス美術館に続くショップは、ミュージアム・ショップとしては驚くほどの規模。職員が直接イタリアで買い付けているという品が並び、現地で買うより安いと、このショップを目当てに来る人も多いのだとか。時には作品の実演をしていることもあり、ショップだけでも楽しく見て過ごせます。

 

また、園内に2ヶ所ある体験工房ではガラスに模様を付ける「サンドブラスト」や、ガラスを溶かしてアクセサリーを作る「フュージング」が体験できます。

 

サンドブラストは、好きな模様のシールを選び、グラスに貼って、専用の機械で砂を吹き付けるとその模様がガラスに彫り込まれるというもの。30分〜40分程度で1,300円からと気軽に体験できます。

 

フュージングは、ガラス板の上に色ガラスのパーツを飾り、溶かしてペンダントやキーホルダー、ブローチ、カフスなどのアクセサリーや、スプーン、フォークなどを作るというもの。こちらも20分程度でオリジナルの作品ができあがります。ただし、冷ますのに1時間ほどの時間が必要なので、展示を見る前に行くのがポイントです。

 

 

レストランではカンツォーネのコンサートも

 

屋外アートが飾られた庭園を見渡せるのが、園内のカフェ&レストラン「ラ・カンツォーネ」。

 

入口や壁のランプなど各所にヴェネチアン・グラスが飾られた建物全体がイタリア・ヴェネチアをイメージ。その名前の通り、毎日、イタリア人歌手のカンツォーネの生演奏が行われています(1日6回、約15分)。

 

陽気なイタリア人歌手の迫力ある歌に、手拍子で参加したりと楽しい時間を過ごせます。

 

盛りつけも美しい前菜やパスタ、リゾット、ミラノ風カツレツなどの食事だけではなく、カフェメニューも豊富。中でも季節ごとのフルーツを使った「フルーツティー」(2人前2,200円)は、オレンジ、パイナップルなど生のフルーツの香りと甘みがニルギリに溶け出して美味! 春から秋の晴れた日にはテラス席も大人気です。

 

美しい美術品を鑑賞するだけではなく、いろいろな体験をぜひ楽しんでください。

(2017年11月30日現在の情報です)

 

住所 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原940-48

電話 0460-86-3111

開館時間 10:00~17:30(入館は17:00まで)

休館日 無休(2018年1月9日〜1月19日は休)

入館料 大人1,500円

アクセス 箱根登山鉄道「強羅」駅から観光施設めぐりバス(S又はM路線)約 20分「箱根ガラスの森」下車すぐ。箱根本箱から車で約10分

公式サイト http://www.ciao3.com