Story:「本との出会い」のあり方を考える。
story2017.11.1

Story:「本との出会い」のあり方を考える。

  駅前にはふらっと気軽に立ち寄れる本屋があり、家の中には本棚がある。 それは私たちにとって、当たり前の日常の風景でした。   「本」はさまざまな情報を媒介し、時代を超えて伝える役割を担い、時に優しく、時に激しく社会を動かします。 私たちに知識と勇気と希望を与え、生活に潤いを与える非常に重要な役割を担ってきましたが、近年は、駅前の本屋が次々と姿を消し、家の中からも本棚が姿を消し、日常生活の中で本と接する機会は急激に減少していきました。書籍・雑誌の流通を担う日販、雑誌を発行...
続きを読む >